声帯閉鎖について

スポンサーリンク
ボイストレーニング

はい、まいど~。

前回、「息が続かないのは何故」って言う事を調べてみました。

で、その中で、「息漏れの多い発声をしている」っていうのが原因の一つとして挙げてみましたが、、今回は、その「声帯閉鎖」についてみていきたいと思います。

息が続かないのは、「声帯閉鎖」がうまくできていなくて、息が漏れちゃっているっているってことでしたね。

そうだね。

その「声帯閉鎖」について話す前に声の出る仕組みについて簡単に調べてみました。

スポンサーリンク

声の出る仕組み

声の最初は声帯が鳴る

声を出すには「声帯」という二枚のヒダが通常は開いているのですが、


声を出すときに二枚のヒダが閉じる状態になって、肺から空気を押し出す時にその閉じたヒダが震えだし、音となって出ます。


しかし、その声帯から発声される声は小さな振動だけです。

ベルヌーイ効果


ところで・・・


二枚のヒダが肺からの空気で押し出すときに閉じるって不思議じゃないですか?


普通に考えると、空気を外に押し出すのだから声帯が開いてしまうのが普通のような気がしません?

いや、それは声を出すときに意識的に声帯を閉じるからじゃないんですか?。



僕はそう思っていました。


声を出すときに意図的に閉じた声帯を、息を送り出して振動させてるんだって。


でも、逆なんですね。


息を押し出すことで、二枚のヒダが自然に吸い寄せられて、勝手に閉じるんですね。


これをベルヌーイ効果っていうらしいです。

声帯の一連の動きには、声帯自体のもつ弾性とともに、ベルヌーイ効果が働いています。これは簡単にいうと、シャワーを浴びると、カーテンが水に引き寄せられる原理です。つまり、柔軟な声帯粘膜は、圧力の差で動くわけです。

流体力学でのベルヌーイ効果は、流線型の物体が、気体、液体で、推進力を増すという原理です。

例えば、翼は、横断面で上の方が長く、下が短いために、上面がふくらんで気流が遅く、下がまっすぐで速く気流が流れるようになっています。そこで浮き上がるのです。

声門の狭いすき間から呼気が勢いよく流れると、まわりの圧力が小さくなって(これが、ベルヌーイの原理です)、声帯の持つ弾性で声門が閉じます。そこで、再び呼気の圧力が高まると声門が再び押し開けられて呼気(声)が出ます。

声という波と息の流れとは、違います。息は匂いますが、声は匂いません。風上に息は伝わりませんが、声は伝わります。

(ちなみにベルヌーイは18世紀のスイスの数学者・物理学者です)

そして、その閉じられた「声帯」が振動してなった音が、身体の共鳴する個所で増幅されて大きな声となります。

共鳴腔 (きょうめいくう) で声が鳴る

「声帯」で発声した音は最初はとても小さな音でしかないです。


その小さな振動音を体のいろいろな共鳴空と言われる個所で共鳴させて増幅します。


共鳴腔とは、体の中で声が反響する空洞部分のことです。


人の身体には、たくさんの共鳴腔があります。


咽頭腔(いんとうくう)
声帯の上にあります。
声帯から出た声が一番最初に共鳴する最も重要な共鳴腔です。

口腔(こうくう)
口の中の空間で、鼻腔や咽頭に連なる部分。

鼻腔(びくう)
鼻孔から咽頭(のど)までをつなぐ2本の管状の空洞です。入り口は狭いですが、内部は広くなっています。


声帯で振動して出てきた音が、共鳴腔で共鳴する事で大きくなります。


いわば、拡声器の役割かなと思います。


その共鳴腔で反響した音で倍音が生まれ、響きを得た声が発声として外に出るんですね。

声帯閉鎖について

ということで、簡単にですが声の出る仕組みを調べてみました。


「声帯」は声の出だしのもっとも大切な部分ですのでここはしっかりとトレーニングでしておいた方がよさそうですね。


そして、いよいよ声帯閉鎖についてです。

声帯を閉じる(声帯閉鎖)をしっかりとすることで起こる効果

話声が変わる

話すときに声帯をひっかりと閉じていない人は、長時間話すと声がかれてきます。


これは、歌を歌う時と同じく息漏れの現象が少なからず起こってしまっているからです。


しっかりと声帯を閉じて発生をすることで話す声も変わってきます。

真ある声が出せるようになる。

しっかりと閉鎖された状態から声を出す感覚をつかみ、声帯をしっかりと閉めながら発声出来るようになると、芯のある声が出せるようになります。


でも、力みすぎると逆効果になるので強く締める意識ではなく、無駄な力をかけずに閉じるイメージが必要になります。

より大きい声が出せるようになる

声帯閉鎖をしっかりと行う事ができるようになると、声は鋭く大きく飛ぶようになります。


息漏れがあると声のビームが分散されてしまい、真がなくってしまって結果的に大きな声が出しにくくなります。

響きのある声を出せる。

声帯をしっかりと閉じて発声することで、共鳴しやすくなり、声に響きが生まれます。


意図的に息漏れの声を使って発声して、ウイスパーボイスやハスキーボイスを使って歌うシンガーもいます。


たとえば、玉置浩二さんや森進一さん(古いか・・・笑)、女性ならチャラさんのような発声は意図的に息漏れの声を使って、歌に情感を出しておられますが、そんな彼らでもキメのところはしっかりと声帯を閉じてきらびやかな声を出して歌われます。


こういった使い分けがボーカルテクニックなのですが、熟練の技であり、最初からそれを目指しちゃうと、声帯を痛めてしまう事もあるので注意が必要ですね。

声帯閉鎖の練習

声帯閉鎖の練習って聞くと、なんかとても難しそうな気がしますよね。


特別なトレーニングしなきゃ治らないような・・・


いえいえ、そんなことはないんです。



実はとても簡単なトレーニングで改善できます。

声帯閉鎖のトレーニング

まずは、息を「ハー」って吐き出してみてください。


そして、次に「ハッ」っていう感じで息を止めてください。


止めるといっても、吐き出した息を「声帯」を閉じてせき止める感じです。


なので、「ハー、ハッ」っていう感じです。


その時の「ハッ」の時に声帯は閉じられています。


声帯が完全に閉鎖された状態ですね。


その状態をキープしたままで、「アー」と声を出してみましょう。


どうですか?


声に真のあるような一本の線のような声になりませんか?


もし、声にまだ霧がかかっているような、息がまとわりついているような声になっていたらそれは声帯閉鎖が完全ではない状態です。


しっかりとした閉鎖された状態の声は先ほどの共鳴腔でよい響きとなって発声されるので、この声がいわゆるいい声としてとらえておくといいと思います。


声帯閉鎖についてのまとめ

声帯閉鎖がしっかりとできていると真のある声がだせます。


意図的に息漏れの声を使って発声することはあっても基本はきちんと閉鎖した状態での発声が必要です。

練習方法はいたって簡単で、「ハー、ハッ」と息はきをおこなって声帯で閉じる感覚を養っていきましょう。


そして、閉鎖された状態から実際に声を出してみて真のある声になっているか確認してみてください。


なかなか自分ではわからないかもしれませんが、録音するなどしてチェックしてみることをお勧めします。


あとは日々のカラオケや発声練習で息漏れがない声を少し意識しながら練習してみてくださいね。


いい声で歌えるようになったら今度は逆にちょっと崩してみると、また違った感覚で歌えるようになるんじゃないかなと思います。


歌って楽器の練習と違って簡単なようですが、めちゃ奥が深いのです。


僕もまだまだ勉強中ですが、仕入れた情報をこれからも発信していきたいと思います。


もし、読んでくれた方がおられましたらご意見、メッセージ、アドバイスお待ちしております!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました