声を響かせる7つの共鳴、フースラーのアンザッツポジション 

スポンサーリンク
ボイストレーニング

こんにちは!

今回は声を響かせるには

7つの共鳴のポジションがあります。

7つの共鳴のポジションですか?

そう。

いきなり言われてもわからないよね(笑)

ひとつずつ説明しますね。

声っていうのは、声帯から発せられた声が

共鳴腔と呼ばれる場所で、反響して外に出ていくんだけど、

その「共鳴」するポジションは7つあると言われています。

ひとつづつ説明しますね。

スポンサーリンク

共鳴について

歌を歌う時、自分の声は小さいし、なんか響かないからと思って、


ついつい無理して大きな声出してしまう人がいます。


それを続けると必ず喉をつぶしてしまいます。


じつは、よく響くいい声で、しかも声量のある声を出すためには、


無理やり絞り出して大きな声を出してしまうのは


逆効果なんです。


喉、声帯を傷めずに声を大きくしたり、声量を上げるには、


声を「響かせる」のがポイントになります。


「 響かせる」には、「共鳴」を理解することが近道になります。

響きの焦点、共鳴ポジションについて

声を響かせるには「共鳴」が必要です。


声帯から発せられた声が「共鳴」するのは


「共鳴腔」と呼ばれる空間に音が当たり反響することで

倍音(ばいおん) が発生して大きくなっていきます。

「共鳴」する場所を 「共鳴腔」 と呼ばれています。


その「共鳴腔」に声の焦点を意図的に移動させて響かせるのを「共鳴のポジション」


と言います。

「共鳴腔」 ってどこ?

「共鳴腔」 というのは、「咽頭腔」、「口腔」、「鼻腔」の三つです。

その中で最大の共鳴腔は咽頭の上部に位置する下咽頭部です。

次に、多く共鳴するのは「口腔」です。

そして「鼻腔」は高音部の共鳴に深く関係していると言われています。

咽頭腔(いんとうくう)

声帯の上部にあります。
共鳴腔として一番最初に機能する最も重要な共鳴腔です 。

口腔(こうくう)

口の中にある空間ですね。

視覚的に確認できるので、コントロールもしやすい共鳴腔です。

口の中にある空間。

視覚的に確認できるので、コントロールもしやすい共鳴腔です。

口腔内でも響きの焦点を変えて発声することで声の音色に変化を付けます。

鼻腔(びくう)

鼻の空間にあります。
高音部の発声に深く関係していると言われています。

写真がけっこうグロい・・・💦

たしかに。

それに図解で示しても、わかりにくいんだけどね。

「共鳴腔」の存在は図などでみて何となくわかると思いますが、


レッスンなどでは、「頭に響かせて~」とか、「眉間に声を当てて!」とか、「鼻がムズムズするような感じ」とかいろいろ言われると思います。


結局僕たちも、どこの個所が共鳴しているかなんてわからないんですよね。


目に見えるものでもないので、実際に声を出して、


顔や頭頂部が振動している部分を感じ、その感覚を伝える方が伝わりやすいんです。

前置きが長くなりましたが、共鳴のポジションについて説明します。

7つの共鳴ポジション

この7つの共鳴ポジションは、 世界の三大ボイストレーナーとして、


多大な影響を残したレデリック・フースラーというアメリカのボイストレーナーのメソッドで、


フースラーメソードと呼ばれる、 アンザッツという7つのタイプに分けて


ポジション別の参考の声をリンクに貼っておきます。

これは、フースラーメソードの日本での第一人者、 武田梵声先生の著書、そして、声楽家森明彦先生の著書を参考にさせていただいています。

アンザッツ ポジション1

音の焦点は「上歯」に置きます。


この声の利点は声が前に出ることですが、これだけに頼ると平べったい艶のないものになります。


どちらかというと、ダミ声のような感じで、中央市場のセリのおじさん声のような感じだと思います。

志村けんさんの「アイーン」や黒柳徹子さんの声をイメージするといいです。

アンザッツ ポジション2

音の焦点は「鎖骨の中央部のくぼみ」に設定されます。


声門閉鎖に関わる筋肉を働かせるのに最も基本的な方法です。


胸の上部の鎖骨の中央付近のくぼみのあたりに声の焦点を当てるイメージをもって発声してみてください。


この声はイタリアオペラ歌手のような開かれた明るい声になります。

アンザッツ ポジション3 (a)

音の焦点を「鼻の付け根」にもっていきます。


このポジションは非常に多く用いられています。


クラシックの声楽では、「鼻の付け根に針の穴をあけて、そこから音を細く飛ばすように」


とういう表現をするそうです。


「純粋な地声」と呼ばれるポジションでこの声をつかむには、


男性では、中尾彬さんのような声


女性では、「クレヨンしんちゃん」のモノマネをするとつかみやすいといわれています。


歌手では福山雅治さんや和田アキ子さんのような声がこのタイプになります。

アンザッツ ポジション3b

音の焦点を「硬口蓋」の前にもっていきます。


このポジションを自在に操ることができれば、ほかの焦点への移行がスムーズに行えます。


歌手では、美輪明宏さんや平井堅さんなどのようないわゆる、ミックスボイスのポジションです。


「柔らかな地声」とよばれ、地声と裏声を滑らかに橋わたしすためにはこのポジションが重要です。

アンザッツ ポジション4

音の焦点は、「登頂、および軟口蓋」にポジションを持っていきます。


このポジションは純粋な頭声と呼ばれています。


声のイメージとしては、「ミッキーマウス」のような裏声をイメージしてください。


歌手ではEarth, Wind & Fire のフィリップベイリーのような感です。

アンザッツ ポジション5

音の焦点を「額」にもっていきます。


これは、ファルセットやファルセットが混じったような弱頭声音と呼ばれます。


ゲゲゲの鬼太郎の目玉おやじや


手塚治虫のブラックジャックのピノコ役の水谷優子さんのような声、


ハードロックやメタルの典型的なシャウトもこのタイプになります。


このポジションを習得し鍛えることで一気に声域が3~5オクターブにまで広がるといわれています。

アンザッツ ポジション6

音の焦点を「首の付け根」にもっていきます。


具体的な場所は、頭を前に傾けたときに脊椎が飛び出す位置です。


このポジションで歌うとツヤのある響き、充実した豊かな音を作り出すことができます。


イメージとしては、オペラ歌手のルチアーノパバロッティです。

フースラーのアンザッツポジション まとめ

以上のように、声の音色は焦点によってさまざまに変化します。


いろいろなポイントを意識することで、喉頭の状態は微妙に変化し、さまざまな響きをうみだします。

なので、この7つのポジションすべてを練習し、習得していかなければならないのですが、


このアンザッツポジションのを聞き分けることのできるよいトレーナーにつかないと難しでしょうね。


僕自身にも二人、歌を教えていただいた先生がいるのですが、


お二人とも、その世界では著名な方でも、解釈は全く違っていました。


なので、なかなか難しいと思いますが、


このアンザッツのそれぞれのポジションの参考になる声を聴きながら


いろいろし試行錯誤するだけでも


いい勉強になると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました