リズム感を圧倒的によくする練習法

スポンサーリンク
ボイストレーニング

今回は、リズム感を圧倒的によくする練習法をご紹介したいと思います。

リズム感ってにがてです~

にがての人多いよね。

僕も最初はすごくダメだったので、気持ちがすごくわかるよ。

なので、リズム感に自信が持てれば歌うことももっと楽しくなるからやってみよう!!

スポンサーリンク

リズム感をよくするにはどうすればいいのか?

リズム感をよくするためには、毎日の練習しかありません(きっぱり!!)


音楽の聴き方にもよるけど、ただ音楽を聴いているだけでは、ほぼ上達しないと思います。


なので、リズム感を養うためには、日々のちょっとした練習が欠かせません。

歌に必要な二大要素

歌うことに必要な二大要素って何かわかりますか?


そう。簡単ですよね。


「音程」と「リズム」です。


「音程」がいくら良くても、「リズム」がめちゃくちゃなら、何を歌っているのかわかりません。


でも逆に、「音程」は多少ずれていても、「リズム」があっていれば、


結構聴けます。


むしろ、音程なしで、ラップのように歌詞を歌ってみても、それはそれで、ありだったりします。


それに、リズムが合うだけで、歌の音程が合うこともあります。



不思議だよね。



でもほんと、これって結構あります。



なので、リズムをしっかりと取るっていうのは、音程をしっかりと取ること


と同じくらい、いやそれ以上に重要なことなのですね。

なぜ、リズムに合わせられない?

リズムに合わせられないのは何故なんだろう?


例えば、メトロノームに合わせて手拍子をしてみます。


するとなぜか、メトロノームに合わせて手をクラップすることができずに、だんだんとずれていってしまいます。


これってなんでだろうって考えたときに、たぶん、メトロノームの音を点でとらえているからなのかって思うようになりました。


「カッ・ カッ・ カッ・ カッ・ ・・・」となっている、その「 カッ・ 」に注意がいきすて、


その音に合わせようとするあまりに、その「 カッ・ 」っていう音を聞いてしまい、結果的に遅れてしまう。


っていうことがたまにあります。


そんな時は、メトロノームの「 カッ・ 」だけを聞かずに全体の流れを感じてみることから始めてみるといいと思います。


四拍子場合なら、「カッ・ カッ・ カッ・ カッ」をひとかたまりにして聞いてみて、


「カッ・ カッ・ カッ・ カッ」 を、「イチ・ニ・サン・シ」と言い換えて、


それを口でループさせながら、手拍子をする。


そうすることで、今の自分がどの位置にあるのかわかりやすくなってくると思います。


要するに、リズム感がないというのは、自分が今リズムに乗れているかわからなくなることで、


リズムの迷子になっている状態とも言えます。


まずは、自分でカウントを取りながら、手拍子をして、


「イチ・ニ・サン・シ」をワンフレーズとして、それをメトロノームに合わせてループしてみましょう。

手拍子や足拍子に問題あり?

手拍子をするとき、皆さんはどうしていますか?


おさるの人形がシンバルを叩いているように、叩く瞬間だけ手がくっついている状態になっていませんか?


じつはそれって、結構ずれていきやすいんですね。


何故かっていうと、それも先ほどの「カッ・」と同じく点でとらえているからなんですね。


足拍子もそうなんです。


足拍子?


この言い方で合っているかどうかわかりません(笑)


とにかく、足で拍子をとる場合もメトロノームに合わせて一瞬だけ地面に接してすぐに離してしまうと、だんだんとズレちゃう事が多いと思います。


なので、手拍子ならメトロノームの音に合わせて手を叩き次の音が来る直前まで手を合わせておくおいて、次の「カッ・」の直前ではなして次の音を叩きます。


そうすることで、ズレが少なくなって、次のリズムに移行しやすくなります。


これって、黒人ミュージシャンの手拍子を見てくれたらよくわかると思います。


彼らは、手を叩いた後、次のクラップまで手を合わせたままニジニジしています(笑)


または、ニジニジではなくてクラップしたあと、


肩を揺らすような動作を入れて次の手拍子に移ります。


要するに、ただ単に手を叩くだけじゃなく、次の手拍子までになにか一つ間に挟んでいます。


もちろん速いテンポの時にはそんなニジニジしている暇はないのですが、


そうした一連の動作の流れでリズムを感じるようにしているんですね。

"Oh Happy Day" Edwin Hawkins - Anthony Brown w/ FBCG Combined Choir

裏を感じるこが大切

手拍子をする時に、手を合わせてニジニジすることはどういう事かというと、


彼らは、おそらくニジニジで裏の拍子を感じ取っているんだと思います。


人生も、政治の世界も、裏と表があります。


リズムにも裏と表があるんですね。


で、その裏の拍子を感じることができてくると、


圧倒的にリズム感がよくなります。


今まで点でとらえていたものが、波でとらえられるようになると思います。


こうなってくるとしめたものです。


さっきまでズレていた手拍子とカウントが急に合うようになってくると思います。

リズムはニワトリから学べ!!

ニワトリの動きを観察したことがありますか?


まあ、ニワトリでなくても、鳥ならだいたい同じですが、彼らの動きに共通しているものがあります。


それは、首を前後に振ることです。


ニワトリが前に頭を突き出した時が表の拍、ニワトリの頭だ後ろに引いたときは裏の拍とし考えてみると、


リズムを感じるには、ニワトリをまねればばっちりだとわかります。


先ほどのメトロノームに合わせて、首を前後ろに動かしながカウントを取ってください。


表の拍の時が前、裏の拍の時が後ろとして、合わせていくと、裏拍の感覚がつかめてきます。


でも、やりすぎは禁物ですよ。


首を痛めちゃいますので💦


要は、手を叩くときにニジニジするのも、首を前後に動かすのも裏拍を感じる動作です。


慣れてきて、そんなの簡単だ!って思えるようになれば、


別に手拍子でニジニジしなくても、首を振らなくても大丈夫です。


どんな方法であれ、裏拍を感じてリズムを取ることができればズレることが少なくなります。

リズムをさらに細分化してみよう

裏拍を感じることができれるようになれば、次は一拍の中を細分化してみましょう。


四拍子場合なら、「カッ・ カッ・ カッ・ カッ」 がひとかたまりですが、


この 「カッ・ カッ・ カッ・ カッ」 先ほどの 「イチ・ニ・サン・シ」 に変換して


裏拍を付け加えると、 「イチサン」 になって、「」の部分が


裏拍になりますね。


それをさらに分けると、一拍の中にさらに4つ小さな拍を付け加えます。


なので、「最初の1から次の2までに4つカウントを入れます。

1234223432344234

イチニサンシ、ニサンシ、サンニサンシ、ヨンニサンシ」


と、赤色の部分をメトロノームの「カッ」に合わせて少し大きめで発声し、


後に続く 「ニサンシ 」は小さく発声します。


その時、手拍子は赤色の部分で叩きます。


あまり早くないスピードでメトロノームを設定してやってみてください。


スピードは、50くらいでいいんじゃないかなと思います。


それを約1分くらいループしてもズレなければだいぶリズム感がついてきています。

裏の裏を叩け

今回の最後に、細分化したリズムの強拍の部分をずらしていくトレーニングをやってみましょう。


イチニサンシ、ニサンシ、サンニサンシ、ヨンニサンシ」


でメトロノームがなっているところで手を叩いて、声は少し大きめに発声してましたが、


次はその手を叩いた箇所を、横に一つずらします。


なので、 「イチサンシ、ニサンシ、サンサンシ、ヨンサンシ」


とずらします。


もちろん手拍子も「」の位置にずらし、声も「」を大きく発声します。


これは、一拍目と二泊目の裏の裏拍ですね。


めっちゃ細かくなってきました(笑)


これを一回だけでなくメトロノームに合わせて30秒間ループさせるのって結構むずいですよ。


さあ、次に 「イチニサンシ、ニニサンシ、サンニサンシ、ヨンニサンシ」


にずらしてみましょう。


拍の中の「サン」の位置で手拍子と、発声します。


そして、次に「ヨン」の位置にずらします。


できましたか?


なれるまで時間がかかると思います。


冒頭で言った通り、リズム感を付けるのって毎日の練習しかありません。


なので、頑張って~~!!


そして、最後に、 「イチニサンシ、ニニサンシ、サンニサンシ、ヨンニサンシ」 を


一小節ずつズラして4小節でひとまわしとして、数回まわせるようにしてみましょう。


これができるようになってきたら、きっとリズム感が圧倒的に進歩していると思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました