オヤジ世代に送る、いまさら聞けないカタカナ英語 2020最新版

スポンサーリンク
トピックス

カタカナ英語。


耳にしない日はありませんよね。


会社でも、プライベートでも得意げにカタカナ英語を話している人をよく見かけます。


特にビジネスやITの世界はカタカナ英語ばっかりです。


僕も、そんな人たちと話す時、わかったような顔をして、じつは全く分かっていないことしょっちゅうあります。


テレビで、これ見よがしにカタカナ英語使っているコメンテーターを見るとダサッって思いますけどね(笑)


僕は、あまりカタカナ英語を使うのは好きではないですが、知らないよりは知っていて、あえて使わないっていうのがかっこよくありませんか?


というわけで、今回は、カタカナ英語の復習とお勉強をしたいと思います。

スポンサーリンク

カタカナ英語 意味と使い方集

カタカナ英語この単語から来ている意味使い方
アカウンタビリティAccountability説明責任・説明義務アカウンタビリティが求められます。
アグリーAgree賛成するあなたの意見にアグリーします。
アサーティブAssertive相手を尊重しながら、自分の主張を伝える君は相手の立場にも立てる、アサーティブな人だね。
アサインAssign割り当てる、任命する優秀なプログラマーをアサインするよ。
アセスメントAssessment客観的に評価すること人事のアセスメントにより最適な人員配置ができた
アドバンテージ
(ビジネス等使用時)
Advantage前進・優位性われわれの製品には低コストというアドバンテージがある
アドバンテージ
(ラグビーやサッカー使用時)
Advantage反則行為があった時に反則の適用を猶予することです。反則を取ってフリーキックになるより、攻撃側が有利になるときに使います。
アントレプレナーEntrepreneur新しく事業を起こす人。企業家。アントレプレナーが集まって会合が行われた
イシューIssue論点・課題・
問題だが、直面する問題より今後の課題
どう売り上げを伸ばすか、今後のイシューについて話した。
イニシアティブInitiative皆の先に立って発言したり行動をしたりして、他を導くこと
今回は我々がイニシアティブをとっていくぞ!
インタラクティブInteractive相互作用・双方向といった一方通行でないやり取りインタラクティブなやり取りができた
ウィンウィンWin-Win相手も自分も両方が勝ち両者にメリットがある「ウィンウィン(win-win)の関係を構築しよう
ウーマンリブWomen's Liberation1960年代後半にアメリカ合衆国で起こり、その後世界的に広がった女性解放運動のことをいう
ウォーミングアップWarming up身体を慣らす彼はレースの前には必ず 10 分はウォーミングアップする
エスカレートEscalate少しずつ拡大・激化してゆくこと。あの俳優への非難がエスカレートしていった
エンドユーザーEnd-user末端消費者エンドユーザーの声に耳を傾けろ!
エンストEngine stall エンジンストップ(engine stop)の略ではありません。stall は名詞で「失速」や「停止」といった意味。エンジンストップはカンペキな和製英語と言い換えてもよいでしょう。車がエンストした
オーソライズAuthorize「公認すること」または「正当なものだと認めること」あのソフトを購入してオーソライズした
オブザーバーObserver会議で、議決する権利はないが参加できる人。傍聴者。今回の会議にオブザーバーとして出席した
オポチュニティOpportunity機会・好機グローバルなオポチュニティを求めて海外へ進出を始める
オリエンテーションOrientation新入生や新入社員に対する説明・教育新入社員に向けてオリエンテーションを行います
カンストCounter Stop計数が止まる
ゲーム用語として広く使われる表現であり、「それ以上先がない」という意味から「ゲームの終わり」と同義で用いられることもあります。
ゲームのレベルがカンストした
カンファレンスConference会議・協議・同盟・連盟手術に際して、カンファレンスを行います
キャパシティ
(キャパ)
Capacity度量・収容能力・取り込む能力この会場のキャパは何人ですか?
クールダウンCool down冷やす暑いのでクールダウンしよう
クリエイティビティCreativity創造的なこと・創造性・独創力彼はクリエイティビティに溢れている
クリティカルCriticalきわめて危険である様・危機的めちゃクリティカルな状態だな
クロージングClosing営業などで商談をしている場合は、商談を成立させること商談のクロージングを行った
グロースハックGrowth Hackユーザーから得た製品やサービスについてのデータを分析し、改善してマーケティングの課題を解決していく手法この商品のグロースハックを任せるよ。
グロスGross総量・総計今月の成果をグロスで報告してね。
コストパフォーマンス
(コスパ)
Cost performanceかける費用に対する満足度あの英会話教室はコスパがいい
コミットCommit責任を伴う約束・目標に対し積極的に関わるあなたの体重を減らすことにコミットします
コンセンサスConsensus意見の一致・合意。まだ全員からコンセンサスがとれてない
サマリーSummary概要・要約結果の報告をサマリーしておいて
シナジーSynergy相乗効果一緒にやっていくことでシナジー効果が生まれる
スーパーバイザーSupervisor監督者や管理者のこと彼はスーパーバイザーに昇進した
ステークホルダーStakeholder企業などの組織が活動を行うことで影響を受ける利害関係者を指す言葉ステークホルダーと常に情報を共有することで信頼関係を構築しよう
ストイックStoic自分に厳しくして欲望抑えること、禁欲的であることあの選手はストイックに練習した
ソリューションSolution問題解決に向けて取り組むことお客様にソリューションを提案します
タイムリミットTime limit制限期間(時間)審議時間を考えると、法案提出は来週がタイムリミットだ
ディテールDetail細部・細目・細かい面あなたの作品は ディテールにまでこだわっていますね
デフォルト
(金融関係)
Default債務不履行あの国の通貨はデフォルトに陥った
デフォルト
(コンピュータ関係)
Default初期設定値・工場出荷時値・標準値この設定はデフォルトですか?
ニーズNeeds求め・要求・需要・必要消費者のニーズにこたえる
ノーティス
(ビジネス用語)
notice気づく・お知らせショートノーティス(ギリギリのお知らせ)で申し訳ございません。よろしくお願いします
ノーティス
(インターネット用語)
noticeプログラム上の記録などを保存する時の通知****
バイアスBias偏り。主に学問的な分野で使われます。あの意見にはバイアスがかかっている
バジェットBudget予算・経費・家系・低予算の・格安の政府のバジェットが不足している。

バジェットレンタカー(格安レンタカー)
バッファ
(ビジネス用語)
Bufferゆとりがある・余力がある彼にバッファがあるから大丈夫
バッファ
(コンピュータ用語)
Bufferデータを一時的に記憶する場所バッファ容量が足りない
パラレルParallel平行・並列この2つのプロジェクトはパラレルに進めてゆく
パラレルワールドParallelWorld並行世界ひとつの時空と並行して存在する時空のことをパラレルワールドといいます。「異界」や「四次元の世界」の概念とは異なり、私たちが存在する次元(時空・宇宙)と同じ次元の世界が並行して存在するとする概念です。
ハレーションHalation周囲に悪影響を及ぼすこと・他人に強く影響を与えることハレーションを起さないように、言動に注意しよう
ファクターFactor要因・要素これは重要なファクターだ
ファシリテーションFacilitationプロセスや活動を容易にすること彼はファシリテーションの能力が高い
フィードバックFeedback評価した結果を伝え返すこと現場から得た情報をフィードバックする
フェーズPhase局面・側面つぎのフェーズに移った
プライオリティPpriority優先度この案件はプライオリティ高めでお願いしますね
ブラッシュアップBrush Upさらに磨きをかける・さらによくする・上達する」あれからさらにブラッシュアップされて完成した
ブリーフィングBriefing簡単な報告・簡単な状況説明事前にブリーフィングしておきましょう
プロパーProper本来のそれはプロパーの仕事になっています。
ベネフィットBenefit利益・恩恵この企画においてのベネフィットを報告します。
ベンダーVendor製品のメーカーや販売代理店など製品をユーザーに提供する会社のことを指します。業界で一番のベンダーです。
ベンチマークBenchmark 指標・基準ベンチマークテストに合格した
ボトルネックBottleneck作業の妨げとなる要因ボトルネックを改善しなければならない
マイルストーンMile Stone大きな節目・経過点・中間目標点マイルストーンをしっかり設定しておく
マストMast絶対に必要なこと・~しなければならないその条件はマストだからね
マネタイズMonetizeサービスを収益化することこのブログのマネタイズを考える
モチベーションMotivation人が何かをする際の動機づけや目的意識生徒にモチベーションを与える
ユニークユーザーuuサイトに特定の期間内に訪問した人数ユニークユーザーを伸ばしたい!
リークLeak機密を漏らすこと・機密が漏れることきさまは、我々の機密をリークしたんだな
リードタイムLead time発注から納品までに必要な時間納品までのリードタイムを7日から5日に短縮する
リスクヘッジ
(ヘッジ)
Risk hedge起こりうるリスクの程度を予測して、リスクに対応できる体制を取って備えること株価の下落に備えてリスクヘッジしておく
リスクマネジメントRisk managementリスクを組織的に管理(マネジメント)し、損失などの回避または低減をはかるプロセスをいうあらゆる危機に備えてリスクマネジメントをおこなう
リスケ
(リスケジュール)
Rescheduleスケジュールを組み直す・計画を変更する次の会議が変更になったので、リスケお願いします
リソースResource資源・資産プロジェクトの人材のリソース管理する
リテラシーLiteracy特定の分野の知識あの人は、WEBに関するリテラシーが高い
レギュレーションRegulation規則・規定この大会のレギュレーションは1ラウンド1分30秒となっています
レジュメrésumé要約。概要。特に、研究発表・講演などの要旨を印刷したものこの会議はレジュメに沿って行います
ロイヤリティRoyalty特許権や著作権の使用料、印税など楽曲に対してロイヤリティが支払われる
ロイヤリティLoyalty忠誠・忠実顧客のロイヤリティを知るために、調査しよう
ローンチLaunch新しい商品やサービスを世に送り出すこと新製品のローンチを行います

まとめ

ほんとに日本人は横文字大好きですね。


むしろ日本語で言った方がかっこいいような気もしますが、


これがグローバルなんでしょうか?


僕はむしろ、日本語で話すなら日本語で、英会話なら英語でしっかりと話した方がずっといいように感じます。


日本の歌もそうなんですが、なぜサビで英語を使うのか?


かっこいいんかな?


ぼくは全部日本語がかっこいいと思ってしまうのですが・・・


まあ、余談です。


そうはいってもカタカナ英語を使う人が多数なので、知っておくこと便利ですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました