声区(レジスター)について解説します。 チェストボイス・ヘッドボイス・ミックスボイスの三種類!!

スポンサーリンク
ボイストレーニング

今回は「声区」についてのお話です。

「声区」・・・ですか?

そう。
声区、英語でレジスターと呼ばれる、歌っている本人が感じる、声の変わり目までを一つの声区として区別する考え方があるんだよ。

ミックスボイスみたいなものですか?

おっ!やるね。
でもちょっと足りないかな。
説明するね。

スポンサーリンク

声区とは

声区とは、英語でregisterと呼ばれ、声楽(クラシック)では胸声、頭声、中声の三つが一般的に分けられています。


胸声は地声、チェストボイスとも呼ばれる発声。


頭声はヘッドボイスと呼ばれる発声。


中声はミックスボイスと呼ばれる発声になります。


ちなみに、このヤスサキョBLOGでのボイトレでは、声区はこの三つにしていますが、


声区にはいろいろな考え方があって、この三つにファルセットやホイッスルなど入れて四声区や五声区として扱っているボイストレーナーもいます。


僕は、たくさんの声区に分ける必要はないと思っていて、


むしろ、チェスト、ヘッドの二種類でもいいと思っています。


細かく細分化して声を分けていっも、体感的にわかりにくいことが多く


チェストからヘッドに移行する時のチェンジの部分をどうつなげていくかの


重要な部分が細分化で混乱してしまうからです。


なので、説明するに三つの方がやりやすいので三声区で説明しています。

地声(チェストボイス)

男性の場合、高いミ(E4)、女性では高いラ(A4)のあたりまでがチェストボイスになります。


これはあくまで、だいたいなので個人差はあります。


例えば、身長の差でも違ってくると思います。

チェストボイスはざっくい言えば低い声、ダンディな声、セクシーボイスって感じの声になります。


ただ、地声とは違って、話すときの声と少し違います。


歌う時のチェストボイスは実声と呼ばれたりします。


まあ、あまり気にせずレッスンなどでは地声と言っちゃってることもありますが、話す声と歌声のチェストボイスは違います。

チェストボイス

このブログを読んでくれている皆さんはミックスボイスって言葉を耳にしたことがあると思います。


今、とっても流行っている発声ですね。


この発声を身につけるために避けて通れないのがチェストボイスです。


男性ならだいたい高いミの音くらいまでがチェストボイスで、そこから少しずつヘッドボイスの声を混ぜ合わしていく時の声がミックスボイスと呼ばれている部分です。


ミドルボイスとも呼ばれていますが、この辺りは先生によっていろいろで、明確な定義はないと思います。


歌で言えばイントロからサビに行くまでの部分がチェストボイスを使って歌うことが多いと思います。


なので、チェストボイスをしっかりと身につけることで、歌の八割はカバーできるんじゃないでしょうか。


例外的に、もともとのキーが高く設定された曲で、全体的にミックスボイスで歌う曲も最近は増えていますが、そんな曲で、ミックスボイスがまだうまく使えないときは少しキーを下げてチェストボイスで歌うのも全然ありです。


話し声ではない、歌声としての地声(実声)をしっかりと身につけていきましょう。

チェストボイスの練習法としては、身体を脱力さっせて、肩・あご・口元の筋肉を緩めます。


そして、少し笑顔になって声と息を混ぜるように発声してみてください。


音は話し声に近い音程でいいです。


高い音ではやらずに、普通に出しやすい音程を使って出しましょう。


その時に、強く出すのではなく、やさしく声と息を混ぜる感覚を忘れずに出しながら、


胸に手を当ててみたときに、胸が振動している事を感じてみてください。


胸の振動、すなわち共鳴されている声がチェストボイスです。


共鳴の種類としては、アンザッツ ポジション2、アンザッツ ポジション3(a)のポジションになります。

ヘッドボイス

次にヘッドボイスです。


ヘッドボイスとは、裏声のことです。


こちらも、ミックスボイスを開発していくうえでとても重要です。


ヘッドボイスはファルセットとは違うとされています。


ファルセット呼ばれるものは、芯のない息漏れの多い裏声とされていて、


ヘッドボイス(頭声)は音の出だしがはっきりしていて、芯のある裏声とされています。


ポップスを歌う上では、このヘッドボイスを練習しておくことで、高い声を出しやすくなります。


アンザッツ ポジション4、アンザッツ ポジション5、あたりの練習になってくると思います。

ミックスボイス

そして、最後にミックスボイスです。


これは、先ほどのチェストボイスとミックスボイスを混ぜ合わせた部分となりますが、


一つの決まった音ではありません。


むしろ低い音から高い音まで、チェストとヘッドの声の成分の割合を変化させてミックスボイスにしていきます。


この感覚は実際に発声練習や歌の中で体感していかないとわかりにくいところですが、


練習方法としては、ヘッドボイスの音域から徐々に音程を下げていき、


声がヘッドボイスでは出しにくい箇所まで下げていきます。


そして、そのヘッドボイスでだすのがきついところまで発声していきます。


この練習を繰り返し行っていくと、徐々にヘッドボイスがチェストボイスと結びついていく感覚を覚えていくと思います。


でも、簡単ではありません。


ちょっとずつですが、続けてみてください。



他には、リップロールを使って音階練習し、チェストボイスの音域からヘッドボイスの音域まで滑らかに上がっていく練習をしてみてください。


リップロールでも、声がチェンジする箇所を感じますので、そこをいかにスムーズに、滑らかに出していけるかやってみてください。


ちなみに、声の変わる点のことを、喚声点やブリッジと呼びます。

まとめ

声区の考え方はボイストレーナーの方々によって違います。


沢山の声区で指導される方もいますし、僕のように3つで考えている方もいます。


声は、ある一つの発声方法で出せるものではなく、共鳴させる箇所、動かす筋肉、言葉など、いろんなものが混ざり合って発声します。


ただ、大きくチェストボイスとヘッドボイスの発声方法は明らかに違うので、


この二つをしっかりと練習していきながら、最後にミックスを作っていくのが順番としてはやりやすいのかなと感じています。


ただ、歌いたい歌がミックスボイスを使わないとダメだから・・・


と思っているなら、すこしキーを下げて自分の出しやすい声で歌っていきながら、少しずつミックスボイスを使って歌えるようにするのをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました