アマゾンの森林破壊、食い止めないとヤバい事になる

スポンサーリンク
トピックス

新型コロナによる経済活動の停止により、年々悪化してきた大気汚染などの環境悪化にブレーキがかかったとつい先日のニュースで言っていましたが、今日のニュースではアマゾンの森林火災が加速しているとありました。


いったいどういう事なんでしょうね。


アマゾンの熱帯雨林がどんどん破壊されていくと、間違いなく人類にとってヤバいことになりそうです。

スポンサーリンク

世界の大気汚染は改善されている

新型コロナウイルス対策で世界の大都市でロックダウン(都市封鎖)や経済活動が制限されてますが、


そのことで大気汚染の改善や二酸化炭素(CO2)排出量の減少といった環境へのプラス効果を出てきると言われています。


大気汚染の実態を監視する家電メーカー「IQエア」が、世界の10都市で調べたところ、PM2.5などの有害な微小粒子状物質の濃度が、計7都市で状況が大きく改善していてるらしいです。


アメリカ、NASAの人工衛星の測定データでは、車が走っていないことが原因でアメリカ北東部上空の大気に含まれる窒素酸化物は30%も減少したようだし、


大気汚染が激しい中国やインドでも大きく改善されているようで、インドのニューデリーでは、PM2.5濃度が昨年より60%も低下しているし、中国の武漢でも44%も下がったんだって。


ツイッターでは、インド北部の町で、これまでスモッグでかすんでいたヒマラヤ山脈が「はっきり見える」ってたくさんツイートされているようだし、ガンジス川の水質も改善されてきれいになってるらしい。

コロナは早く収束してほしいけど、世界の大気汚染が改善された事は「勿怪の幸い」ですね。

たった数ヶ月のロックダウンや外出自粛でこんなに環境汚染が改善されるなら、


みんなで力を合わせれば、地球温暖化を軽減させることも可能ではないかって思えますよね。

このまま、大気汚染は改善していってほしいですが、今日のニュースでアマゾン森林破壊が加速しているというのを見ました。

アマゾン森林破壊が加速

世界は、勿怪の幸いから大気汚染が改善されているのに、一方アマゾンでは、森林破壊が今も加速していて、今年の1月から4月までで、前年の55パーセントも森林破壊が進んだようです。


アマゾンの大きさは、オーストラリアとほぼ同じくらいの大きさと言われ、世界の肺と呼ばれています。


森林の3分の2以上はブラジルにあって、森林破壊が多くなっているのもブラジルです。


ブラジルでは過去50年間にアマゾン熱帯雨林の約20%、約78万平方キロメートルが伐採されたとされています。


現在、アマゾンの森林が消えていく大きな原因は、農家が家畜の放牧地や農地を開拓するために森林を焼き払うことなどがあげれています。


CNNのニュースで以前報道されていましたが、1分ごとにサッカーコートの1.5倍の面積が失われることが分かったようです。


なぜこんなに森林破壊が進んだのかと言うと、2019年に就任したボルソナーロ大統領の政策が森林破壊に影響しているとの言われていて、


ボルソナーロ大統領はブラジル経済の回復のためアマゾンの開発を公約の中に入れていたため、農地の拡大や鉱物の採掘などが加速したそうです。



実際、政権発足から4月まで森林の状況に目立った変化はなかったものの、5月から急激に破壊が進み始めようですね。


こんな事、世界が許していいのわけないと思いますが、止めることができないんでしょうね。。。

このまま、ほっておくと「ダイバック(dieback)」と呼ばれる、熱帯雨林がアフリカのサバンナのような風景に変わってしまう状況になると言われているようです。


そうなってしまうと、熱帯雨林に生息していた動植物たちも絶滅してしまう可能性もあるし、あと20%が消滅すると実際にそれが起こってしまうかもしれないと言われています。


これって、あかんでしょ!!


ちょくちょくニュースでアマゾンの森林破壊が進んだということは見聞きしていましたが、


さすがに、ほっといたらアカンレベルまで来てると思ったので、ブログにしました。


アフリカではバッタが大量発生し、アマゾンでは森林破壊が進んで、世界でウイルスが猛威を振るって・・・

自然が壊れていく中で、米中や中東、東アジアできな臭いことが起こっているし、


でも、なぜか株価は上がっていくし・・・・


変すぎるでしょ。今の世の中。。。。


マジで戦争だけは起こさないでほしい。


今まで、映画の世界や都市伝説と思っていたことが現実になりそうで怖いですが、


僕たち無力な人達でも、なにかできることを一人ひとりが意識を持って行動して、


わけのわからない今の世界の流れをこれ以上悪い方向に行かないように、


なんとか食い止めていきたいですね。


でも、ほんとに世界は、いろんな意味で悔い改めないといけないのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました