デジタルトランスフォーメーションとは 「行動」「知識」「モノ」の3つの要件を簡単解説してみた

スポンサーリンク
トピックス

近頃、よく耳にするようになった、デジタルトランスフォーメーションって言葉。


これからの時代に取り残されたらアカン!っという事で今回は、デジタルトランスフォーメーションについて勉強してみました。

勉強不足のおっさんの僕にとってはまた新しい言葉が登場したような感じや~💦💦

スポンサーリンク

デジタルトランスフォーメーションとは

まずは、デジタルトランスフォーメーションってどういう意味なんでしょうか?

デジタルはデジタル・・・(笑)

トランスフォーメーションは、変形とか変化・・・

ってことは、デジタル変化?

なんやそれ!!


その前に英語では、Digital Transformationと書くようです。


略して、「DX」と呼ばれています。


んっ??


Digital Transformationなら「DT」と違うの??


なんで、「DX」?


「DX」はデラックスと違うん?


って突っ込みが入りそうですが、


これは、Transを英語圏では、「X」と表現する事があるそうで、「DT」ではなくて「DX」で正解なんだって。


で、Digital Transformation、略して「DX」とは、2004年にスウェーデンのウメオ大学のエリック・ストルターマン教授が提唱したとされる、「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という概念のことであるとされています。

企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。

デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン(経済産業省)

なんかよくわかりません~

たしかに、むずかしいわ!

まあ、「DX」とは、ITを使った変革!!って事みたいだね。

でも今までのIT化とは何が違うのかな?

DX(デジタルトランスフォーメーション)とデジタル化の違い

よく言われている、デジタル化やIT化とは違うんですか?

そこやんな!

ぼくも、その辺りがよくわからんかったんやけど、どうも違うみたい。

DX(デジタルトランスフォーメーション)は業務効率化の上を行く!!

たとえば、今まで紙で残してきた情報等を、スキャンしてデジタル化することだけでは、DXを推進しているって事にはなりません。

もちろん、デジタル化することもDXの第一歩ですが、それだけでは単に業務の効率化を行っているだけで、DX(デジタルトランスフォーメーション)とは言えません。

DXは、デジタル技術を使ってビジネスモデルや働き方を変える

データとデジタル技術を使って、顧客の不満や要求、さらに新たな利便性を提供するなど、今までになかった新しいサービスを提供していく事をDX(デジタルトランスフォーメーション)と呼ばれているようです。

新しい価値・・・?

DXを取り入れている代表的な企業として、みんな大好き、Amazonがあります。

そこを例にとってみてみようか。

Amazonの「行動」「知識」「モノ」のDX

僕も大好き、あなたもポチる(笑)のAmazonは、企業理念として、「地球上で最もお客さまを大切にする企業であること」と「地球上で最も豊富な品ぞろえ」を掲げ、その理念にのっとって、「最高の顧客体験」の提供を追求しています。

そのAmazonはDXの先駆者的な存在だと言われいて、「行動」「知識」「モノ」の3つのDXがあるとされています。

行動の「DX」

世界中のどこにいてもネット環境とパソコンやスマホがあれば何でも買えちゃう環境を作りました。

これは、少し前なら、その場所に行かないと買えなかったものを、ただポチるだけで買えるという「行動」を完全にデジタルに置き換えたものです。

「知識」の「DX」

AmazonのECサイトであるマーケットプレイスの個々の商品のページには、「よく一緒に購入されている商品」や「この商品を買った人はこんな商品も買っています」、「類似商品と比較する」といった関連が高い商品が掲載されています。

これは、「レコメンド機能」と言って、ユーザーの購入情報や、過去の購入情報に基づいたオススメ商品を表示する機能がついています。

これは、あるお店のカリスマ店員が、その商品に対する知識と経験、また顧客の情報に合させておススメしていた商品を自動でやってしまっている事です。

これは膨大なデータに基づいた情報、知識をデジタルに置き換えて顧客にサービスを提供する事になりますね。

「モノ」の「DX」

Amazonは基本的にはECサイトで、カメラやテレビなど

何か形のあるものを売る商売ですよね。

でも、Amazonでは動画配信もやってますよね。

キンドルを使えば本も読めます。

さらにAmazonプライム会員になれば、プライムビデオやキンドルでプライムリーディングなどの商品を無料で動画が観れて、本が読めます。

これって今までは例えば、観たい映画があるとすれば、ツタヤに行ってDVDを借りてみたり、読みたい本を本屋さんや図書館に行って借りていたDVDや本といった「モノ」を、

デジタル化して自宅でポチるだけで観れるって事ですね。

これが、「モノ」の「DX」と言われるものです。

「行動」「知識」「モノ」のどれか一つでもDX化する事がこれからの時代は求められるみたいだね。

まとめ

今回はDX(デジタルトランスフォーメーション)の基礎の基礎程度のお勉強だと思いますが、僕のようにこう言った事に疎いオヤジのお役に少しでも立てたら幸いです。


DXのポイントとしては、

DX(デジタルトランスフォーメーション)のポイント
  • 顧客に新しい価値を提供する事

  • デジタル技術を使って顧客だけでなく組織内の課題や問題点を解決して行く事

  • 経営トップ自らがこれらの変革に強いコミットメントを持って取り組んでいるか。わからないからと言いて担当者に丸投げしない

  • 複雑化・ブラックボックス化した今までのシステムのどれを廃棄や塩漬けにするもの等を仕分けしながら、必要なものについて刷新

ってところかな。。。


まだまだ勉強しないといけないと思うけど、まず最初の一歩は踏み出せたな。

DXで新しいビジネススタイルを作っていかないと取り残されるって事ですね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました